HOME > 稽古について

稽古の方針

写真 基本的なことから、しっかりと動き方を身につけていきます。

無理をせず、個々のペースで行うことも可能です。


稽古内容

・剣術

太刀や小太刀、二刀、薙刀などの型稽古を行います。また袋竹刀を使った稽古も行います。

・柔術

剣術と共通した理合をもつ柔術や合気道の型を稽古しています。

・居合術

模擬刀を使用して、座り技や立ち技の型を稽古しています。

・杖術

剣術や柔術と共通の理合をもつ杖術や合気杖の型を稽古しています。

稽古相手や稽古に用いる道具、稽古場という環境、そして型は、自分を映してくれる鏡のような存在です。

型稽古により、相手や道具、環境と丁寧に向き合い、理解しようと努めることを通して、自分自身についても理解を深めていきます。